CUBERSについて

"聴けるボーイズユニット"

15年7月ユニット結成。 同年4月~7月まで仮名称"只今、研修中です。男子"としてプレ始動を経て、同年7月発売号JUNONにて巻頭大特集でメディア初登場。
翌日、お披露目ライブ "Fanfare"にて正式ユニット名をCUBERSと明かす。
15年10月7日「SHY」でCDデビューを果たす。各方面から高い楽曲性が支持される5人組ボーイズユニット。

CUBERS楽曲紹介

「君に願いを」MUSIC VIDEO

メンバーが選ぶおすすめ少女マンガ

4/18 更新

TAKAのおすすめ少女マンガ

『リメイク』

作品レビュー

この漫画を読んでみて、人は変わる事が出来るなと改めて感じましたし、自分の夢や目標に向かって頑張る女性はかっこ良く逞しいなと。この漫画読んで皆さんが何か自分の中で変えたい部分のリメイクのきっかけになればなと思いますし、自分が生まれ変わる為の架け橋になる漫画だと思うので是非多くの方に読んでほしいです。

おすすめのワンシーン

主人公の女の子が百貨店の化粧品店で働く綺麗な女性に憧れを抱き、今の仕事を辞めてその百貨店の化粧品店で働き始めるという物語なんですが、このシーンはその今の仕事を辞めるシーンで実際勇気のいる事でなかなか人が出来ないことを彼女は行動に移し、彼女の人生にとっての分岐点となりこのストーリーが進む上でのきっかけの部分だと思うので印象深いです。

4/11 更新

春斗のおすすめ少女マンガ

『いつかティファニーで朝食を』

作品レビュー

普通の会社に勤めている主人公。一緒に同棲していた男性とある日距離を置くことになった。そこから主人公は一人暮らしをし4人の友達と朝食をとることで仕事に対する考えや恋愛に少しずつ答えを出していく。『離れてみないとわからない』そんな思いをして幸せに気づくときも…。

おすすめのワンシーン

この漫画はリアルな日常を描いてるとともに美味しい朝食を食べて主人公たちが元気をもらうのですが僕自身も食べ物で元気が出たり癒されたり意外と考え深くなったりします。それを感じたのがこの一面…。
因みに出てくる料理は本当にお店の料理を題材にしているのてそんな楽しみ方も◎
リアルな物語で本当に仕事でこんな考えありそうとか恋愛でもこんな別れ方だったり日常っぽい漫画です。女性目線で共感できるとおもいますし男性にはちょっと女子会に参加しているような気持ちになったり女心が少し勉強できるかもしれませんね

4/4 更新

綾介のおすすめ少女マンガ

『ストーリーな女たち』

作品レビュー

この作品は短編読み切りで、女性主人公たちの不幸、恐ろしい所がサスペンス形式で描かれています。
続きが気になるものも沢山あって、読んでいるうちにハマっていきます。恐いと思う表現も多々あるんですが、そこも魅力の1つで、ありそうでないことや本当に現実で起こってもおかしくないことなどハラハラしながら読むことが出来ます。

おすすめのワンシーン

ホラーシーンや人間の嫌な所が描かれているストーリーの中で、僕の印象に残ったシーンです。
子供は親を選べない中、両親のこんな会話を聞いたら子供心に傷つくだろうなと僕も感じますが、こんな一見すると残酷なストーリーですが、このストーリーを通して世の中に一石を投じているんではないかと思い直させられました。

3/28 更新

9太郎のおすすめ少女マンガ

『中卒労働者から始める高校生活』

作品レビュー

中卒の真実は、父の服役、母の死をきっかけに就職し妹の面倒を見始めるが、妹の通信制高校入学と同時に一緒に入学。その学校でお嬢様の莉央と出会う。
働きながら学校に通う真実はお嬢様の莉央とは違う人間と反発し合いながらも惹かれ合っていく。

おすすめのワンシーン

社長の「テメェがテメェを笑ってるから、なんでも悪く聞こえるんだよ」という言葉に共感。
自分のやってる事に自信を持ってやってたら他人からなにを言われても関係ないしなんとも思わないですからね。自分のする事に自信を持っていたいなと思います。
と言いながらも、言って来た相手が嫌いな奴だと自信を持ってる事でもムカつきますけどね(笑)結局、相手次第ですね。

3/21 更新

優のおすすめ少女マンガ

『スイートビター』

作品レビュー

主人公高校2年生の宇野瑞葉は年上大学生の蓮に片思いをしている。
そんなある日、新しいクラスで一緒になった成瀬千明に告白をされる。
文字が少なくすらすらと読みやすい作品です。

おすすめのワンシーン

片思いをしている蓮に告白するため瑞葉は彼の家に行ったが女と家にいるのを見てしまった。
次の日学校で落ち込んでいる瑞葉をなんとかするために、千明は瑞葉にキスをする。
それに驚いた瑞葉はいつものように千明に強くあたったりする。
いつもの調子を取り戻した瑞葉に千明は「おかえり瑞葉」と笑顔で言う。

この8話から瑞葉の気持ちが蓮から千明に動き始めたと思います。キスをするシーンも良かったのですが、僕はその後の千明の無邪気な裏表のない笑顔がよかったのでこのシーンが僕のおすすめです!